ピーリングの方法

ケミカルもレーザーもピーリングの一つ

ピーリングとは、剥がすとか皮をむくといった意味を持った美容方法の一つです。
これを行えば、お肌が元々持っている力が強まり、シミやニキビなどでダメージを受けたお肌の修復につながっていきます。
ピーリングでは、古くなったり硬く厚くなってしまった角質層を剥がします。それによってお肌が柔らかく滑らかくなったり、ニキビ跡が薄くなる、美白される、お肌自体の代謝が良くなるといった様々な効果が現れてきます。角質層を剥がしていく具体的な方法は、大きく分けて二つあります。まずは物理的に角質層を剥がしていく方法です。これは特殊なレーザーで行われ、レーザーの光による物理的な刺激の作用によって古くなってしまった角質を取り除くことにより、皮膚が活性化されてお肌の状態が良くなっていくのです。もう一つは、お肌に直接働きかけをしてくれる成分の入ったジェルなどを塗布する方法です。このジェルを塗ると、表皮細胞が増加しお肌の新陳代謝が高まります。ジェルの定期的な使用により、皮膚の生まれ変わる周期が一定になるだけでなく、皮脂の分泌が抑えられる、毛穴の詰まりが改善されるといった作用も期待できます。特にジェルを使った方法は、自分自身で行うことができるので、人気があります。また、最近ではピーリング効果のある石鹸が販売されています。これはお肌の角質を少しずつゆっくりと剥がしていくので、お肌への負担が少なくて済みます。以上のように様々なピーリング方法がありますが、色々試してみて自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。
ピーリングジェルでシミが薄く
ピーリングジェルについては本当に使って良かったと思っていますが医療機関でのピーリングは現時点では受けたことがありません。
どれほど効果に差があるかが知りたいので今度してもらってみようと思います。いつも通ってる皮膚科でもしてくれるかが問題ですが。もし無理なら、恐らく遠くまで行かないとできそうにないので諦めることになると思います。