シミを消したい

シミ対策化粧品の本当のところ

シミも肌トラブルの中では結構みかけるのですが、紫外線によるものとかいろいろありますね。薄いものならまだしも濃くなってきてるものは美白化粧品とかでは効果もないのかもしれません。でもこれからシミが増えないように対策はしておきたいと思います。

 

特に濃くなったシミについてはレーザーか何か特別な方法でないと薄くするのは難しいのかもしれませんが、口コミをみてるとシミが薄くなった化粧品ってことで紹介しているものもあります。ただ、そのシミがどのタイプなのか、またどれくらいの濃さなのかが分からないため、自分でも同じように効果があるかははっきりしません。使ってみてというのもありですが、あまり間違った方法を繰り返してると取り返しがつかないことにもなりますので、ちょっと焦ってるところなんです。

シミに効くと言われる成分は?

シミに効くと言われているということは、シミに効果がある成分が入ってるはずです。
医薬部外品として認められている成分もありますが、中には、メーカーが開発したものもあるようです。
不安定なビタミンCを安定化させ、浸透しやすくしたビタミンC誘導体なんかは、シミだけでなく、ニキビやお肌全般に良いと言われています。最近ではハイドロキノンが人気のようですが、これは濃度によって効果が違いますし、自分の肌に合ってないものを使うのもちょっと怖い感じがしますので、信頼できる商品を選びたいところです。

シミ対策で人気といえば

シミ対策の化粧品もい数え切れないくらいありますし、続々新しい商品も発売されています。
そんな中「アンプルール」が今でもすごい人気ですし、評判もいいんです。

 

隠れジミにまでアプローチ」という言葉。これがまさに私が求めていたものなんですね。

 

実は、シミにも種類がありますが、紫外線による「老人性色素斑(日光性黒子)」というのがありますが、これって昨日、今日浴びた紫外線によるものではないんです。紫外線を浴びたことってメラニンが覚えていて、後になってじわじわくるんです。
20代になってからは特に紫外線のケアをするように気をつけてますが、それでは遅いのかもしれません。もっと早く対策をしてれば良かったのですが、今となってはどうしようもありませんからね。
なので、今から出来る対策となると、メラニンの生成をどうやって抑えるか、それで今後のシミの行方も違ってきます。

 

アンプルールが言う隠れジミってのはこういうことなんでしょうね。

 

アンプルールには、ハイドロキンが配合されていますが、「新安定型ハイドロキノン」というものなんです。
スポット集中ケア美容液にはこのハイドロキンを。
そして、肌全体の対策には「ハイドロキノン誘導体」と「ビタミンC誘導体」なんかが入っています。

 

これから出来る対策としては、
今あるシミの対策
これからシミを作らせない肌にする
この2つを兼ね備えてるのがアンプルールなんでしょうね。

 

6,500円相当のトライアルが送料無料で試せるなんて嬉しいな♪


シミに効く化粧品関連のページはこちら

シミの種類によって効くかどうかも違う

シミに効く化粧品を紹介してるところ

シミに効く化粧品〜成分についてや送料無料のトライアルキットなんかもあって、試したいのが一杯あります。